アプリコソフトウェア株式会社 ブログ

社員持ち回りでブログを発信致します。 会社の紹介、システム開発や介護保険に関すること、何でも情報発信していきます。 読者の方には、介護保険に関する情報収集や仕事の合間の息抜きに...等々、たくさんの方々に見て頂きたいと思います。もちろん同業者の方にも見て頂いて少しでも弊社「アプリコソフトウェア」に興味を持って頂けることを願っています。

2015年09月


こんにちは~

秋に近づいてきたせいか、最近食欲が増してきたAmyです。。

ちょっと前に可愛らしいネコちゃんを発見しました(*・ω・)ノ

121023_171607

毛並みがハート柄なんです!!

それに近づいても逃げない。
普通、猫って逃げるのに。

どうやら写真慣れしてるみたいです(☆゚∀゚)

珍しいネコちゃんなので見つけると良い事があると勝手に思っています!!

写真は南千歳公園で撮りました~

行く機会があれば是非見つけてみてください♪


先日、便利な使い方1を紹介しましたが、今回も第2弾ということで、サービス提供事業所からの利用票印刷についてご紹介したいと思います。

利用者さんへお渡しする利用票ですが、通常はケアマネジャーが作成し利用者へお渡しすることとしているかとは思いますが、介護予防利用者(地域包括支援センター担当)の場合、ケアマネジャーが利用票を作成してくれないことが多々あります。

そういう場合、サービス提供事業所側(デイサービス側)で作成しなければならなくなるわけですが、介護エースから利用票を印刷出来るんです。

-----------------------------------------------------------------------
一括印刷をする方法

1.月別集計表を起動します。
1

2.「利用者提出用」ページに「サービス利用票」がありますのでチェックを入れます。
  サービス種類条件は、介護予防通所介護のみを指定できます。
2


Excel出力を行えば、必要な人のみ印刷が出来ます。

個別に印刷する方法

1.利用者を選択し、予定実績を起動します。

2.右下の印刷メニューから、「サービス利用票」を押下します。
3



是非ご活用ください。

by Roku

訪問介護サービスにおいて、同一日に2回以上サービスを行う場合は、サービス間の時間間隔を2時間以上空けてサービスを行うこととあります。
但し、必要性がありそれぞれの訪問間隔が2時間未満となる場合には基本的にそれぞれの時間を合算して算定することとしています。

====以下厚生労働省Q&Aより====

問3 「概ね2時間未満の間隔で指定訪問介護が行われた場合には、それぞ
れの所要時間を合算する」とあるが、20 分未満の身体介護中心型を算定す
る場合にも適用されるのか。

(答)
20 分未満の身体介護に限り、前後の訪問介護との間隔が概ね2時間未満
であっても、所要時間を合算せず、それぞれのサービスの所要時間に応じ
た単位数が算定される。
なお、20 分未満の身体介護の前後に行われる訪問介護(20 分未満の身体
介護中心型を算定する場合を除く。)同士の間隔が概ね2時間未満の間隔で
ある場合には、それぞれの所要時間を合算するものとする。
(例) 下図の場合、20 分未満の身体介護(170 単位)と、(A)と(B)を合算
した所要時間(80 分)に応じ、1時間以上1時間30 分未満の身体介護(584
単位)がそれぞれ算定されることになる。
===================

実際、必ず2時間を空けないかというとそういわけではないようです。
1時間30分間隔でも別算定ができたという話もありますので、管轄の市町村またはケアマネジャーに確認すると良いかもしれません。

厚生労働省Q&A (問3に上記の記載があります)
www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/housyu/dl/qa01.pdf

by Roku

このページのトップヘ