アプリコソフトウェア株式会社 ブログ

社員持ち回りでブログを発信致します。 会社の紹介、システム開発や介護保険に関すること、何でも情報発信していきます。 読者の方には、介護保険に関する情報収集や仕事の合間の息抜きに...等々、たくさんの方々に見て頂きたいと思います。もちろん同業者の方にも見て頂いて少しでも弊社「アプリコソフトウェア」に興味を持って頂けることを願っています。

2019年02月

4月の新元号発表まで、残り2ヶ月を切りました。

正直なところ、直前の発表にされたのではシステム対応が追い付かないので、出来るところから改修作業を進めています。
当社の「エース」は一部OS(Windows)に依存する箇所があり、仮の元号で動作検証を行っています。

■下記説明は、レジストリを仮設定することにより、新元号の検証を行うことができます。
 ご自身のPCで試される場合、当社は責任を負うことが出来ませんのでご了承ください。

1.まずはレジストリエディタで新元号の設定を行います。
 仮に 「新元」 略式をNと設定しました。
1

2.Excel2016を起動し、5月以降の日付を入力します。
25

3.書式設定にて、和暦に変更します。
3


4.新元号で表記できました。Excel側の対応は既に完了していることが確認できました。
4

5.同様にExcel2010で確認したところ、対応はまだのようです。
  (おそらく年明けの不具合http://aprico-soft.blog.jp/archives/78678783.htmlで対応を取り下げたものと思います)

2/14 追記 Ver2010も新元号にて解消されたことを確認しました
5

6.介護エースの「通所介護計画書」にてプレビューを出力してみました。
  ところどころ、平成31年の表記が見受けられます。
 ※エースの新元号対応は現在改修中です。
2/14 追記 Update?により解消されたことを確認しました
6


2/14 Windowsの更新が入った模様です。新元号の対応完了を暫定に確認しています。

by roku

確定申告が近づきました。

訪問介護の医療費控除に関してですが、生活援助中心型を除くとあり、いまいちわかりづらいと思います。
例えば、身体介護と生活援助を組み合わせた場合ですが、参考リンクりよると、「一回の訪問介護に...」とあるので
併せて対象となると解釈できます。

【生活援助中心型の解釈  国税庁HPより引用】

家事援助中心型の訪問介護とは、単身の世帯に属する利用者又は家族若しくは親族(以下「家族等」という。)と同居している利用者であって、当該家族等の障害、疾病等の理由により、当該利用者又は当該家族等が家事を行うことが困難であるものに対して家事援助(調理、洗濯、掃除等の家事の援助であって、これを受けなければ日常生活を営むのに支障が生ずる介護保険法第7条第6項に規定する居宅要介護者等に対して行われるものをいう。)が中心である指定訪問介護をいう(平成12.2.10付厚生省告示第19号「指定居宅サービスに要する費用の額の算定に関する基準」)。


参考リンク)
https://tax.mykomon.com/daily_contents_20361.html

https://blogs.yahoo.co.jp/bafarinn71/65115350.html

https://blogs.yahoo.co.jp/bafarinn71/GALLERY/show_image.html?id=65115350&no=0

国税庁HP)
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1127.htm

https://www.nta.go.jp/law/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/010131/01/03.htm

by roku

介護保険において、平成31年4月の改正ですが地味にあります。

主な内容は、

1.訪問介護 2 級訪問介護員のサービス提供責任者配置減算の廃止

2.居宅介護支援において、特定事業所加算Ⅳの創設

といったところかと思います。


WAMNETにおいても事務連絡が出ておりますので、リンクを掲載しておきます。
https://www.wam.go.jp/gyoseiShiryou/detail?gno=6111&ct=020050010

by roku

このページのトップヘ