今日は訪問リハビリについて書こうと思います。

なんとなくは分かるけど、仕事内容ってどういう事をしているんだろう
と思い調べてみました。

まず、訪問リハビリとは利用者さんのご自宅に訪問し
日常生活の自立と社会参加の向上を図る目的があります。
その為には理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)の方が絶対条件です。

・理学療法士
身体機能の衰えた人たちなどに対して、医師の指示の下でリハビリを行い、
運動機能の回復を援助する仕事。
体に関する構造について深く学び、その人にあった内容を考えていきます。

・作業療法士
精神的、身体的なリハビリを主にします。
身体というのは関節を動かしたり、筋肉を発達させる訓練などを行います。
早く通常の生活に戻れるようにするのが目的です。


・言語聴覚士
言語能力や聴覚能力を回復させるリハビリです。
ほかにも、食べることや飲み込む事ができない問題についても
解決していきます。


一度に20分と決められている中で利用者さんのニーズに合わせ計画していき、
どの内容も専門職を十分に発揮することができる仕事だと思いました。

また一つ勉強になりました(^^)/


            □■□■□■□■□お知らせ□■□■□■□■□

       明日8/13(木)~8/16(日)までお盆休みとさせて頂きます。
       ご不便おかけ致しますが、何卒よろしくお願い致します。