平成30年度の法改正にて、訪問介護サービスの利用制限が議論されているようです。
介護度が比較軽い、要介護2以下の生活援助サービスが保険対象外になる可能性があります。
訪問介護事業者様、要チェックです。

以下一部引用抜粋して転載)
-------------------------------------------------------------------

膨らむ介護給付費を抑えるため、介護の必要度が比較的低い「要介護1、2」の人を対象にした生活援助サービスの見直しが、厚生労働省社会保障審議会で議論されている。

見直しの対象は、自宅の掃除や食事の準備などの生活援助。着替えや食事、トイレ、入浴などの身体介護は対象外だ。二月から同審議会の部会で議論され、厚労省は二〇一八年度からの制度改正を目指す。

-------------------------------------------------------------------

施設に入らず、出来るだけ在宅を中心に介護を行っていくということだと思うのですが、
これでは本末転倒のような気がします。

参考資料
http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2016051102000004.html

By Roku