通所介護計画書の期間や評価のタイミングについて、まれにお問合せを頂きますが、
参考となる資料がありましたので掲載しておきます。

1

1.計画書の様式は決まっていますか?
 →「各事業所ごとに定めるのもので差し支えない」と記載があります。

2.目標やサービス内容は、居宅サービス計画書の内容を転記するのですか?
 →「当該計画の内容に沿って作成しなければならないと」と記載があります。
   (転記を行うという内容は、見当たりません。)

3.目標期間は、どれくらいの期間を設定すればいいですか?
 →「当該計画の内容に沿って作成しなければならないと」と記載がありますので、
   サービス計画書の「期間」(2表右端の列)に合わせるのが妥当と思われます。

4.モニタリング・評価は、どれくらいの間隔で行えばよいですか?
 →「介護予防通所介護計画に記載したサービスの提供を行う期間が終了するまでに、少なくとも1回は、」と記載がありますので、目標期間と合わせるのが妥当と思われます。
 
5.ケアマネジャーへの報告は行う行う必要がありますか?また、頻度はどれくらいですか?
 →「少なくとも1 月に1 回は、介護予防通所介護計画に係る利用者の状況、当該利用者に対するサービスの
  提供状況等について、当該サービスの提供に係る介護予防サービス計画を作成した
  介護予防支援事業者に報告する」
  と記載がありますので、毎月の報告は必須と思われます。


※ただし、個別機能訓練加算や運動器機能向上加算を算定されている場合は、この場限りではこの場限りではありません。「3か月に1回は・・・」というルールもあるようです。

参考資料)香川県HP
http://www.pref.kagawa.jp/choju/kaigo/jigyosya/pdf/tusyokaigokeikaku2.pdf