ADO.NETにてDB(SQLサーバ)へアクセスする方法が複数あり、どのアクセス方法が高速にアクセス可能か検証いたしましたので備忘のため掲載。

検証には以下の接続方法で試しました。
 ・OLEDB for SQLserver 経由
 ・SqlClient経由
  ・ODBC  for SQL Server 経由


◆弊社アプリの特定の処理を行い、結果以下の順に早くなりました。
 (検証にばらつきがあったため最大値と最小値にて判定)
 

 1.SqlClient
   処理時間 20~30秒

 2.OLEDB for SQLserver
   処理時間 22~32秒

 3.ODBC  for SQL Server
   処理時間 20~34秒

なんとなくSqlClientが速い感じでしたが、それぞれあまり差がありません。
もしかしたら誤差の範囲なのかもしれません。


参考)
■SqlClientでの接続ソースコード
        Dim adapter As New SqlClient.SqlDataAdapter
        adapter.SelectCommand = New SqlClient.SqlCommand((SQL構文), New   SqlClient.SqlConnection((接続文字列))
        adapter.Fill(DataSet, (datasetテーブル名))

接続文字列
Data Source=(IPアドレス,ポート番号);Initial Catalog=(データベース名);User ID=(接続ID);Password=(パスワード)

■ODBC  for SQL Server での接続ソースコード
        Dim adapter As New Odbc.OdbcDataAdapter
        adapter.SelectCommand = New Odbc.OdbcCommand((SQL構文), New Odbc.OdbcConnection((接続文字列))
        adapter.Fill(DataSet, (datasetテーブル名))

接続文字列
Driver={SQL Server};server=(IPアドレス,ポート番号);database=(データベース名);uid=(接続ID);pwd=(パスワード)

by Roku