アプリコソフトウェア株式会社 ブログ

社員持ち回りでブログを発信致します。 会社の紹介、システム開発や介護保険に関すること、何でも情報発信していきます。 読者の方には、介護保険に関する情報収集や仕事の合間の息抜きに...等々、たくさんの方々に見て頂きたいと思います。もちろん同業者の方にも見て頂いて少しでも弊社「アプリコソフトウェア」に興味を持って頂けることを願っています。

カテゴリ: 通所介護

以前から、ちょくちょくと議論されている通所介護のサービス提供時間について

7時間丁度だった場合、はたして
 ① 6-7時間で算定するか
 ② 7-8時間で算定するか
ですが、やはり7-8時間で算定は厳しいようです。

市や県によって解釈が違うようですが、参考となる資料をリンクします。

東京都) 10分~15分の余裕も持つと記載
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kourei/hoken/kaigo_lib/tuutitou/7_tuukai.files/keikaku-tyuui.pdf

奈良市) 15分の余裕について指導
http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1508116325657/index.html

大阪府) 30分の余裕について指導
http://www.pref.osaka.lg.jp/jigyoshido/kaigo/tsuusho-jikankubun.html

川崎市) 計画に基づいてであれば、7時間丁度でも良いと記載
http://www.city.kawasaki.jp/350/cmsfiles/contents/0000081/81258/27-1-03tuusyo.pdf

横浜市)懇切丁寧に説明を行い同意を得て、かつ計画されたものであれば7時間丁度でも良いと記載 80P
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/kourei/h28tsuusyosiryou.pdf

長野県) 核心に触れる部分は特に記載なし
https://www.pref.nagano.lg.jp/kaigo-shien/kenko/koureisha/service/jigyosha/documents/29tuusyo.pdf


by Roku

最近問い合わせが増えてきたので、掲載しておきます。

参考資料)老健局 Vol648
http://www.pref.tokushima.jp/kaigohoken/docs/2018041000031/files/saisinjoho648.pdf

バーセルインデックス書式
http://www.crsu.org/chears/pdf/65situmonnsi.pdf#search=%27%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%27


by Roku

今年度の申請が10月15日まででした。
申請に間に合わなかった事業者様については、ブログを書くのが遅くなってしまい、申し訳ありません。

運動器機能向上加算を実施している事業者については、合わせて事業所評価加算を算定できるかもしれません。

ここで要件を記載しておきます。
1.定員利用・人員基準に適合しているものとして、都道府県知事に届け出て運動機能サービス、栄養改善サービス、口腔機能サービスを行っていること
2.利用実人員数が10名以上であること
3.利用実人員数のうち、60%以上に選択的サービスを実施していること
4.評価基準値が0.7以上であること


by Roku

書類の保管について、運営基準では、「完結の日から2年」とあります。
しかしながら、都道府県や市区町村の条例により期間を延長している場合がありますのでご注意下さい。


参考)横浜市条例より一部抜粋
1

広島市)訪問介護ですが、保管期限の記載があります
1


by Roku

通所介護計画書の期間や評価のタイミングについて、まれにお問合せを頂きますが、
参考となる資料がありましたので掲載しておきます。

1

1.計画書の様式は決まっていますか?
 →「各事業所ごとに定めるのもので差し支えない」と記載があります。

2.目標やサービス内容は、居宅サービス計画書の内容を転記するのですか?
 →「当該計画の内容に沿って作成しなければならないと」と記載があります。
   (転記を行うという内容は、見当たりません。)

3.目標期間は、どれくらいの期間を設定すればいいですか?
 →「当該計画の内容に沿って作成しなければならないと」と記載がありますので、
   サービス計画書の「期間」(2表右端の列)に合わせるのが妥当と思われます。

4.モニタリング・評価は、どれくらいの間隔で行えばよいですか?
 →「介護予防通所介護計画に記載したサービスの提供を行う期間が終了するまでに、少なくとも1回は、」と記載がありますので、目標期間と合わせるのが妥当と思われます。
 
5.ケアマネジャーへの報告は行う行う必要がありますか?また、頻度はどれくらいですか?
 →「少なくとも1 月に1 回は、介護予防通所介護計画に係る利用者の状況、当該利用者に対するサービスの
  提供状況等について、当該サービスの提供に係る介護予防サービス計画を作成した
  介護予防支援事業者に報告する」
  と記載がありますので、毎月の報告は必須と思われます。


※ただし、個別機能訓練加算や運動器機能向上加算を算定されている場合は、この場限りではこの場限りではありません。「3か月に1回は・・・」というルールもあるようです。

参考資料)香川県HP
http://www.pref.kagawa.jp/choju/kaigo/jigyosya/pdf/tusyokaigokeikaku2.pdf

このページのトップヘ