アプリコソフトウェア株式会社 ブログ

社員持ち回りでブログを発信致します。 会社の紹介、システム開発や介護保険に関すること、何でも情報発信していきます。 読者の方には、介護保険に関する情報収集や仕事の合間の息抜きに...等々、たくさんの方々に見て頂きたいと思います。もちろん同業者の方にも見て頂いて少しでも弊社「アプリコソフトウェア」に興味を持って頂けることを願っています。

カテゴリ: 報酬改定

たびたび話題に上がっては立ち消えとなるケアマネジメント費の利用者1~3割負担ですが、反対の意見が多いようです。

とりあえず参考リンク)

1


https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000000wspu-att/2r9852000000wt2x.pdf#search=%27%E5%B1%85%E5%AE%85%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E6%94%AF%E6%8F%B4+%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85%E8%B2%A0%E6%8B%85%27


利用者負担掛かることについて
 ■メリット
  ・介護保険にかかる財源を減らすことができる

 ■デメリット
  ・利用者によってはケアマネにマネジメントをお願いしなくなるケースが危惧され、全体的に介護システムのバランスが崩れる

  ・利用者負担分の請求を行うことになるので事務作業が増大する


by roku

  

少々古い資料ですが、厚生労働省のパブリックコメントがでています。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000171750


by roku




4月に介護給付・予防給付の報酬改定がされ、そして10月には総合事業の報酬改定があります。


10月の改定ですが、実は基本報酬には特に変更が無く、生活機能向上連携加算・栄養スクリーニング加算が加わっただけの改定となります。


生活機能向上連携加算について、現状算定しているという事業者はまだ聞いていませんが、備忘のため要件を載せておきます。


参考)厚生労働省資料より引用↓

1

by roku

厚生労働省(WAM-NET)より資料が出ていますので掲載しておきます。


http://www.wam.go.jp/gyoseiShiryou/detail?gno=5708&ct=020050010

by Roku

平成30年度の改正にて
○初期加算の算定要件として以下の要件を加える。

「30日を超える病院又は診療所への入院の後に指定認知症対応型共同生活事業所に再び入居した場合も、同様とする」
とあります。

注意しなければいけないのが、国保連へ請求する際の「入居年月日」です。

例えば、4月1日入居をした場合。
 ◆4月分
  入居日 4月1日
  初期加算 30日(4月1日~30日)

5月15日~7月15日まで入院 入院後再入居(契約は解除していない)
 ◆7月分
  入居日 7月15日
  (↑ここを修正する。契約解除していなくても入居日を変更するとのこと
  初期加算 17日(7月15日~31日となり再度算定できる)

 ◆8月分
  入居日 7月15日
  初期加算 13日(8月1日~13日 合計で30日算定可能)

この記載方法は、グループホームのみです。
特養や小規模多機能は、今まで通りそれぞれ、実入居日、登録日で記載します。


===参考===
シルバー産業新聞より)
http://www.care-news.jp/news/18/_201830_17.html

札幌市HPより)
「※「再入居」とは、契約を終了せずに居室を確保していた場合も含みます。」と記載があります。
http://www.city.sapporo.jp/kaigo/h30grouphome.html

by Roku

このページのトップヘ